あべの翔学高等学校 ロゴ

学校法人朝陽学院あべの翔学高等学校附属 朝陽幼稚園学校法人朝陽学院 朝陽幼稚園

〒545-0002 大阪府大阪市阿倍野区 天王寺町南2丁目8-19 TEL:06-6719-2801

スクールライフ

トップ > クラブ活動 > バレーボール > 指導方針
バレーボール
指導方針
女子バレーボール部の活動指標
2016年6月10日(金)

「大阪バレーボールの発展と普及の寄与し、部活動を通じて人間力の形成を図り、
社会に貢献できる人材を育成する」

▼指導方針
1、人間力で超えろ、紙一重の厚き壁
人間力という言葉の指す意味は広域であり、多種多様に考えることができますが、ここでは「何かをやり遂げようとする心」を指しています。また、そのためには何が必要なのかと考える力、人としてどうするべきかという人としての心も含まれます。そして紙一重の厚き壁は、その言葉通り「あと少し」「もう少し」という惜しいのだけれど、何か力が及ばなかったということです。日々試行錯誤し、行動に移すことで何か変わるはず!そのような向上心を持って活動しています。
2、三気
よく見える目をもちながら大切なことを見逃すのは、見る気がないからだ
よく聞こえる耳をもちながら大切なことを聞き逃すのは、聞く気がないからだ
よくできる腕をもちながら大切なことを手抜かりにするのは、やる気がないからだ
人生にとって大切なことは、見る気になって見、聞く気になって聞き、やる気になってやることだ!
3、顔声心(ガンセイシン)
「いい顔 いい声 いい心」バレーボールのプレー中だけでなく、いつ何時もそうであって欲しいという顧問の願いです。上記3つの言葉をモットーとして日々活動しています。バレーボールを競技していく上で、技術の向上を目標に練習に打ち込むことはもちろんですが、バレーボールだけを頑張っていても日頃の行動が伴わなければ、周りから応援してもらえるチームにはなりません。プレー以前に「人としてどうあるべきなのか」をしっかりと考えることのできるチーム・選手をめざしています。

あべの翔学高等学校
〒545-0002 大阪府大阪市阿倍野区 天王寺町南2丁目8-19
TEL:06-6719-2801

Copyright (C) あべの翔学高等学校. All Rights Reserved.

情報公開   プライバシーポリシー

PAGE TOP